ホーム ご質問・ご相談 どのプラットフォームで実施すればよいか

どのプラットフォームで実施すればよいか[次世代シーケンス受託ご相談例]

1373
0

ご相談例です

HiSeq2000、IonProtonとPacBioのシーケンスについて価格を教えていただけないでしょうか。

 

回答です

プラットフォームの選択についてはサンプルの由来、ゲノムサイズ、レファレンスの有無によって内容が変わってまいります。詳細をいただければ見積を作成いたします。

まずは、以下の情報に関してご教示いただけますでしょうか。
・サンプルの由来:
・サンプルの状態(アンプリコン、ゲノムDNA、etc.):
・ゲノムDNAがサンプルの場合はゲノムサイズ:
・解析の目的(de novo、リシーケンス、etc.):
・納期のご希望:
以上です。
前の記事耐病性に関連するSNP探索がしたい[次世代シーケンスご相談例HiSeq2000]
次の記事CBBで染めた後、サンプル量はどれくらい必要か[質量分析受託相談]
東京大学大学院農学生命科学研究科修了(農学修士)。2008年PR会社を経て2009年よりリバネスに入社。同年、リバネスとして初の海外事業となる大学院生向けシリコンバレー研修を立ち上げる。2012年よりメディア開発事業を立ち上げ、第13回抗加齢医学会総会の事務局、マンガ「新抗体物語」の監修などを行った。2013年より、シードアクセラレーション事業「TECH PLANTER」を立ち上げる。日本国内外における大企業とスタートアップの連携構築の仕組みを構築し、新規事業創出や産学連携事業などを行う。2015年より投資育成研究センターを立ち上げ、リアルテックファンドでグロースマネージャーに着任、主な担当領域をバイオ・海洋として経営・事業化の支援を行う。2017年より、日本財団と連携し、海洋教育、起業家人材育成、海底探査技術開発の一体となったプロジェクトを立ち上げ。2018年より、創業開発事業部長。起業でなく「創業」をテーマに活動。