ホーム ブログ シンポジウム開催!ゲノム情報活用の最前線 〜ゲノム研究の新時代の到来と社会の変化〜

シンポジウム開催!ゲノム情報活用の最前線 〜ゲノム研究の新時代の到来と社会の変化〜

1160
0
シェア

ゲノム解析技術の高速化、大規模化によって、現在では短時間で全ゲノム情報や遺伝子発現情報が取得できるようになりました。それにともなって、個体間での比較が容易になり、新たな知見が次々と得られています。また、容易に得られるようになったことで、一般の人にどう正確に情報を伝えるかということの重要性も増しています。
そこで今回は研究とリテラシーを向上させるための教育の2つの視点から現在のゲノム研究を取り巻く状況について俯瞰しつつ、これからのゲノム研究のあり方について議論します。

【開催概要】
日時:2013年10月12日(土) 13:00〜17:00(予定)
会場:東京大学農学部中島董一郎記念ホール
  (東京大学農学部フードサイエンス棟1F)
定員:70名
参加費:3,000円
主催:株式会社リバネス

満員につき、本シンポジウムへの参加お申し込みは締め切りました。
多数のお申し込みをありがとうございました。

【登壇者】

藤田保健衛生大学総合医科学研究所
宮川剛先生
体質や形質と同じように知能や感情といった「こころ」を生み出す脳の作り方もゲノムに書き込まれている。こう考える宮川先生は、マウスの行動観察とゲノミクスの手法を組み合わせた研究を進める一方で、パーソナルゲノムについても関心を寄せるひとりだ。

藤田保健衛生大学 総合医科学研究所 システム医科学研究部門 Webサイト
『BioGARAGE』vol.18 宮川氏インタビュー記事『ゲノム研究の発展がゲノムの曖昧さを解く』

東京大学総括プロジェクト機構総括寄付講座「食と生命」
加藤久典先生
体外から摂取した栄養がどのように体に影響を及ぼすのか。加藤先生は、メタボロームやトランスクリプトームを使った新しい栄養学(ニュートリオミクス・ニュートリゲノミクス)のための基礎研究を進めている。さらにそうした情報を活用し、機能性食品成分の作用メカニズムの研究を行っている。

東京大学総括プロジェクト機構総括寄付講座「食と生命」Webサイト

東京大学大学院医学系研究科
徳永勝士先生
独自のマルチプレックスSNP解析技術(DigiTag2)を用いて疾患関連遺伝子を探索する徳永先生は、ゲノムワイド関連解析(GWAS)によって発見された候補領域にある真の責任遺伝子を同定し、その発症機序の解析までを行っている。また、統合データベースプロジェクトの中で日本人健常者のSNP、コピー数多型(CNV)、GWASのデータベースを構築している。

東京大学大学院医学研究科 人類遺伝学教室 Webサイト
『BioGARAGE』vol.18 徳永氏インタビュー記事『日本人集団の解析に新たな価値を期待する』

東京大学大学院医学系研究科
辻省次先生
新学術領域研究「パーソナルゲノム情報に基づく脳疾患メカニズムの解明」を率いる辻先生は、ヒトの代表的な脳疾患の高精度全ゲノム解析を通じて、発症に寄与するゲノムの多様性を明らかにしようとしている。

東京大学医学部脳神経内科 Webサイト
新学術領域研究「パーソナルゲノム情報に基づく脳疾患メカニズムの解明」Webサイト

東京工業大学大学院
情報理工学研究科
瀬々潤先生
生命科学や医学の研究から生まれるビッグデータを解析するための新しいアルゴリズムや統計学的手法を開発するのが、瀬々先生のミッションだ。研究者たちが新しい発見をするための手助けをするため、新たなツールを開発することを目的としている。

瀬々潤研究室Webサイト

株式会社リバネス
丸幸弘
2002年に「バイオ教育」をビジネスにするリバネスを立ち上げ、その後も社会の動きを見据えて新しいビジネスを生み出してきた起業家。ゲノム解析のコストが下がり、解析の知見が溜まりつつある今、パーソナルゲノムが新しいビジネスのフロンティアになると考え、消費者のリテラシー向上が必要と捉えている。

株式会社リバネスWebサイト

【プログラム】

13:00 開場
13:30 – 13:40 開会の挨拶(株式会社リバネス)
13:40 – 14:05 藤田保健衛生大学総合医科学研究所 宮川剛先生
−遺伝子・脳・こころ- マウスの研究からわかったこと
14:05 – 14:30 東京大学総括プロジェクト機構総括寄付講座「食と生命」 加藤久典先生
−ニュートリゲノミクス~食と健康の遺伝子科学~
14:30 – 14:40 休憩
14:40 – 15:05 東京大学大学院医学系研究科 徳永勝士先生
−SNPを活用した多因子病関連遺伝子のゲノムワイド探索
15:05 – 15:30 東京大学大学院医学系研究科 辻省次先生
−病気の克服を実現するゲノム医学
15:30 – 15:40 休憩
15:40 – 16:05 東京工業大学大学院 情報理工学研究科 瀬々潤先生
−全ゲノム時代の情報・数理・統計
16:05 – 16:30 株式会社リバネス 丸幸弘
−リテラシー向上にむけたゲノム教育
16:30 – 16:40 閉会の挨拶(株式会社リバネス)

【会場へのアクセス】
東京メトロ南北線 東大前駅下車 徒歩2分
東京メトロ丸ノ内線 本郷三丁目駅下車 徒歩13分
都営大江戸線 本郷三丁目駅下車 徒歩11分

【イベントに関するお問合せ】
株式会社リバネス 研究戦略開発事業部
担当:高橋宏之
TEL:03-6277-8041
E-mail:[email protected]