研究成果の事業化支援

私達が運営するシードアクセラレーションプログラム「TECH PLANTER」およびその中で開催される「バイオサイエンス・グランプリ」では、バイオ・ヘルスケア関連の研究成果を元にした事業アイデアを募集しています。

TECH PLANTERでは事業化経験豊富なメンターが応募チームのパートナーとなり、ともにプランを練り上げていきます。

ご自身の研究成果を社会に広めたい研究者のみなさまの応募をお待ちしております。

バイオサイエンスグランプリ エントリーはこちら

研究成果の事業化 これまでの実績

福田 真嗣 氏
慶應義塾大学
先端生命科学研究所 特任准教授

腸内細菌のメタゲノミクス、メタボロミクス解析を専門とする。2011年にはビフィズス菌による腸管出血性大腸菌O157:H7感染予防の分子機構を世界に先駆けて明らかにし、『Nature』に報告。2013年には腸内細菌が産生する酪酸が制御性T細胞の分化を誘導して大腸炎を抑制することを発見し、『Nature』に報告した。

第1回バイオサイエンスグランプリにてビジネスプラン「便から生み出す健康社会」を提案し、最優秀賞を受賞。2015年3月に株式会社MetaGenを設立し、腸内環境分析等の事業を推進している。

加治佐 平 氏
東京大学
大学院工学系研究科 マテリアル工学専攻 坂田研究室 共同研究員

独自の薄膜センサーと半導体トランジスタを用いて、涙糖値の測定技術を確立。採血が必要となる既存の血糖値測定機器を無痛、簡便、安価な涙糖値自己測定機器に置き換えることを目指し、株式会社PROVIGATEを設立。

第1回バイオサイエンスグランプリに「非侵襲糖値測定器の製造および販売事業」を提案し、シグマ・アルドリッチジャパン賞を受賞した。


 

その他の事業化支援サービス

日進月歩の技術革新を的確にキャッチアップしてスピーディーに事業を展開するためには、外部専門人材の活用は不可欠です。科学技術のあらゆる分野の研究者に独自ネットワークを持つ我々だからこそ、解決できる課題があります。論文・特許をはじめとする各種専門調査、地域資源発掘、研究人材発掘、研究所設立等、科学技術に関するサポートを必要とするすべての方に最適な解をご提案いたします。まずは、お気軽にお問い合わせください。

専属研究者が、学術論文、特許明細などの技術的内容に関する調査・分析を承ります。機器メーカーや販売代理店のマーケティング部門、営業部門の方々のための最適なソリューションを提案します。

専属の研究コンサルタントによる、研究開発方針策定、共同研究先の選定、共同研究体制の構築、契約書の締結のサポートまで、外部研究機関との効率的な連携体制作りを徹底的にサポートします。

科学技術に精通した専門スタッフと大学等研究機関に所属する現役研究者との独自のネットワークを活かし、事業化プラン作成や、共同研究契約の締結、人材の獲得、ラボ設立までを一気通貫でサポートします。新事業の立ち上げや、研究推進体制の強化のためのトータルソリューションをご提供します。

inq

お問い合わせ・お見積り・ご注文